素どおり

       渓流の自然に囲まれた安らぎの宿
           元湯 富士屋旅館
        福島市飯坂町湯野字新湯11番地
      TEL(024)542-3191 FAX(024)542-3649
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おやすみなさいの雨 | main | ごきげんなとき >>

牛とみそ汁

0

    昨日、熊本の酪農家さんの一年を追ったテレビ番組がありました。

    熊本地震前に妊娠した牛15才の高齢出産シーンと出産後に与えたみそ汁について、当館常連のお客様にお尋ねしました。

    牛には、4つの胃袋があってという切り出しから衝撃をうけ、この先どんな説明が続くのかとドキドキいたしました。

     

    第1胃袋:ミノ

    第2胃袋:ハチノス

    第3胃袋:センマイ

    第4胃袋:ギアラ

     

    焼き肉や煮込み料理がお好きな方は、ご存じの部位もあるでしょう。

     

    出産後、水分とミネラルを牛が望むだけ(最大200リッターぐらい!)あげないと、第4の胃袋が移動してしまって消化機能が弱まるそうです。

     

    テレビに登場した酪農家さんは、牛の出産後にカライモ汁(観た感じでは、芋がら汁のようでした)を与えていました。代々続けている習慣なのでそうしているとおっしゃいました。牛のお医者さまによれば、水と塩ではだめで、水に味噌と砂糖を加えるのがいいそうです。エサを反芻するいきものには、消化しやすいようにエサを水分でふやかし、いくつかの器官で漉しながら栄養を取りこんでいくしくみがあるそうです。4つの胃袋はまるで浄化槽みたいですね。

     

    「女と味噌汁」は、牛の世界にもあったのかと可笑しくなりました。おふくろの味をかみしめるというより、かっこむ食べ方ですが、元気のとり戻しかたは、どこか人に似ています。

     

     

    いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    この記事に対するトラックバック
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    CATEGORIES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE