素どおり

       渓流の自然に囲まれた安らぎの宿
           元湯 富士屋旅館
        福島市飯坂町湯野字新湯11番地
      TEL(024)542-3191 FAX(024)542-3649
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

普通がもたらすこと

0

    明日からの冷え込みや積雪注意報に、落ち着かないひと、ごくごく自然に動いているひとを観察してみてください。

     

    一番わかりやすいのは、家事をきりもりしている主婦、主夫ではないでしょうか。おそらくふだんとあまり変わらないように見えると思います。細々したこと、急ぎでないこともため込むと後が大変ですが、主婦や主夫は、できるだけため込まないで分散して、予想外のときに慌てない工夫をしているのだと思います。

     

    この「普通」を維持する大切さを、感じにくくさせているものが現代にはたくさんあるんですね。たくさんというか、個人の取捨選択の決めてが情報に頼りすぎて、実生活から離れてしまっている気がします。自分で動かないと得られないものってあるんですよね。

     

    「なぜ」や「どうして」の疑問も、部分でとらえるか全体でとらえるかで違ってきます。また、人によっての考え方、感じ方も違ってきて当然です。迷ったり、悩んだり、嫌なことから逃れることなんてできないと割り切って、まず「普通」に立ち戻ることへの心がけをしていきたいものです。

     

     

    いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    気持ちのいい習慣

    0

      平成30年も10日経過、「おーい」と起こされた感じでブログ開始です。

       

      例年と比べて雪が多いのか少ないのか、数値化や注意を喚起する情報で心構えはするものの、大概実感としてわかるのは冬以降の季節なんですよね。

       

      今週は、ご無沙汰のお客様や新規のお客様、大きく成長したお子さんたち、皆さんお元気そうで安心いたしました。

       

      当館は、時代の最先端をいっているわけでもなく、特別なサービスをしているわけでもなく、どちらかと言えば、よく持ちこたえている感のほうが強いです。変わらないようで変わっている、変わっていないのに新鮮、初めてなのにどこかなつかしい、そんな気持ちがふいに湧き上がればいいのかなあなんて、ときどき思います。

       

      行ってよかったなあ、

      出会えてよかったなあ、

      お話ししてみたら印象が変わったなあ、

      また、出かけてみよう。

       

      それぞれの気持ちいい習慣、見つけてください。

      いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      見上げる 見渡す

      0

        先週、久しぶりに食以外のショッピングで気がついたことがあります。

         

        店舗の入いる前から、全体を見渡すことです。

        その日は、クリスマスセールの初日でしたが、平日お昼前で特に混みあうこともなく買い物を済ませることができました。通販だと分かりにくいものを買うときは、できるだけお店に行ったほうがいいこと、チェーン店でもその店舗の商品のディスプレイ、接客が違うことなどがよく分かります。

         

        そう言えば、小さい頃デパートに出かけたときは、マネキンさんが着ているものや、商品がわかりやすい状態で展示してあるものを一番先に見ていた気がします。よく行くところ、たまにしかいかないところ、商品にもよりますが、短時間に目的のものをさがすときに、

        「見上げる、見渡す」→「さがす、きく」→「試す」

        で、だいたい思い描いたものが見つかるような気がしました。

         

        買い物以外でも、案外役に立つかなあ。ヒトのGPS機能って感じで。

        いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        軽やかに まっすぐに

        0

          木枯吹いて、だいぶ木の幹や枝がくっきり見えるようになりました。文語の凩(こがらし)は、今も俳句でよく使われているようですが、漢和辞典でその成り立ちをみていくと、今の時期の光景は凩吹いたあとのものだなあと感じます。

           

          凩吹いたあとも、夕暮れどきは風に逆らわず枯葉がひらひら、ぱたぱた、と、プログラミングされているように落ちてきます。

          木に冬支度をさせるために、葉が飛ばされ、雪をまんべんなく受けとめる土台づくりを凩はしているのですね。

           

          2017年のカレンダーが最後の一枚になって、日中もかなり寒くなってきました。風邪も流行っているようです。無理をせずに気が急いても落ち着いてと言い聞かせていきたいところです。

          いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          季節が知らせてくれる

          0

            枯葉カサカサ お肌カユカユ

            朝晩ゾクゾク 真昼ウトウト

             

            最高気温より最低気温に注意しなくてはならない冬は、静かに小刻みに動いて、あっという間に景色を変えてしまったり、まるでやまびとのような生活が迫ってくるようです。

             

            平地では、雪が降れば除雪に大慌てですが、山々はただじっと春を待つ。いろんな蓄えをするうえで必要不可欠な時を過ごしている。

            山肌あらわな姿にもうじき白き衣。

             

            寒いけれど、キーンとした緊張感と爽快感がグッとくる瞬間もあるかしら?

             

             

            いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            落ち葉じゃないから

            0

              20171027_111351.jpg

              20171027_112240.jpg

              20171027_111617.jpg

               

              洗濯の合い間に落ち葉拾いをしていたら、「おっと危ない!」

               

              満腹で動けなかったのか、休憩中の野鳥にご対面。キツツキでしょうか?

              羽毛の色が紅葉みたいで、枯葉と一緒に拾ってしまうところでした。

              いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              寝がえり

              0

                目覚めたときに、就寝中に寝がえりをうったかどうかはわかりませんし、自分で回数なんて数えられません。

                が、けっこう大切な動きであることが証明されてきています。「枕が変わると眠れない」も、何かしら理由があると言われてきましたが、それぞれの習慣性に心身が合わせようとしたり、自己修復しようとする連絡網が細胞間にはあるのかもしれません。

                 

                馬や牛が捻挫や骨折したとき、痛みをやわらげるのに注射をうつことはあるにしても、長い目でみた場合、ベッドを整えるほうがいいのだそうです。わらや干し草を積んで、寝がえりをうちやすいようにしてあげると馬も牛も休めるそうです。

                 

                抱き枕、寄せ枕、足枕と、症状やクセに合わせていろいろ試してみたくなるお話でした。

                 

                 

                いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                カップ イン ピョン

                0

                  稲刈りのシーズンです。みなさんは、稲刈りをしたことはありますか?

                  私は、田植えも稲刈りもしたことがありません。機械化が進んでいる農家さんもあれば、手作業のところもけっこうあるようで、家族や親戚、ご近所も協力しての収穫。毎年恒例のことなのでしょうが、お話を伺うと、あちこちでなんだか、すごいことになっています。

                   

                  インドア派の高校生が、稲刈りに誘われたり、短期交換留学で母方の実家に来ているニュージーランドハーフの小学生が、稲刈りを手伝うはずが、カエルに夢中になったり、あまりあてにしていなかった女の子が、小気味よく一輪車で稲を何度も運んでくれたり、重労働の合い間にPOPチラシ作りをする息子さんがいたり、といった具合です。

                   

                  お祭りは、その年の収穫と健康を祝うことがベースにあるんだなあと思います。

                   

                  ところで、カエルに夢中になった男の子ですが、本人は田んぼのカエルを全部とろうとしたらしく、休憩時につかうはずだった紙コップに、つかまえたカエルをいれてしまったらしいんです。みんな大爆笑だったそうですよ。

                   

                  私は、素手ではちょっとさわれないなあ。

                   

                  DSC_0059.JPG

                  というわけで、ぴょんぴょんガエルを初めておってみました。ちゃんとおれているのかどうかわかりませんが、一応とびます。

                  いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                  温泉ポンプ交換

                  0

                    今年の天候は、本当に予想が難しく、何をするにもレーダーをまず確認して始める習慣がついてしまいました。外でのお仕事が中心のみなさんは、気持ちや体のオンオフ切り換えをいつも以上に工夫なさっているのではないでしょうか。

                     

                    さて、当館を含む4件で共有している「富士屋源泉」の心臓部、温泉をくみあげるための揚湯ポンプが水位上昇のため13日の朝7時頃止まってしまいました。12日夕方から盆休み中の市、町の温泉課の職員のみなさん、地元の業者さんと連絡を取りはじめましたが、水位の上昇が予想以上に早く、夜の作業は応急処置に留め13日早朝からのポンプ交換となりました。

                     

                    まず、余剰分の湯水を水中ポンプで取り除かねばなりません。この作業が予想以上にかかり、ポンプ交換後、営業を開始できたのは当館で午後3時半でした。それまでにお越しいただきご利用いただけなかったお客様には、この場をおかりしてお詫び申し上げます。

                     

                    今年10月に、ポンプ交換を予定していましたが、計画前倒しがお盆中の日曜日となり、急きょ召集されたみなさんは、いつも以上の緊張感と集中力で作業をしてくださいました。本当にありがとうございました。

                     

                    本日は、通常営業です。みなさまのお越しをお待ちしております。

                    いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    逃げ猿

                    0

                      人気の絵本「おさるのジョージ」の誕生秘話が、12日夜7時半からNHK BSプレミアムで放送されます。

                      ユダヤ人の作家がアメリカへ行かなければ、ジョージの世界デビューもなかったかもしれない!と解釈すれば、「逃げるが勝ち」とも「逃げ恥」とも言えそうです。

                       

                      私は昔読んだ絵本も好きですが、毎週土曜の朝にNHK Eテレで放送されるアニメも好きです。好奇心旺盛で冒険好きなジョージに毎回くすぐられています。ジョージスマイルは、不二屋のペコちゃんに似ていて本物の猿とは顔の輪郭が逆なんですが、本物さんも威嚇したり上機嫌なときは、口が横にイーと伸びるでしょうからね。

                       

                      失敗から学習していく様子や、周りの人達や動物との連携がいい感じに描かれていて、実際にはありえないことも、ひょっとしたらと思ってしまうこともあります。

                      いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      RECENT COMMENTS
                      CATEGORIES
                      MOBILE
                      qrcode
                      PROFILE