素どおり

       渓流の自然に囲まれた安らぎの宿
           元湯 富士屋旅館
        福島市飯坂町湯野字新湯11番地
      TEL(024)542-3191 FAX(024)542-3649
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

Soft landing

0

    立春の昨日は、風がとても強く気温のわりに寒く感じました。

     

    葉を落としたくるみの木や、大きなうちわのような葉をバサバサゆらすしゅろの木も、音を立てて迫りくる強風を見事にかわして、それぞれきりりとしている。そこへ、ふわりふわりと舞い落ちてきた白きものーーーシラサギでした。なんと表現していいものかしばらく思考が止まってしまいました。パラシュートのように両翼に膨らみをもたせ、段階を踏んでやわらかに1・2・3・・・着地。お見事!と拍手をしてしまいました。

     

    一方、写真家の岩合さんが思わず涙してしまったボスニア・ヘルツェゴビナの犬猫。

    10ヵ月のシープドッグの胴体に、10才の猫が数分間にわたり乗っかる様子が静かに映し出されて、度々岩合さんが「あったかいんだろうね」とつぶやくのでした。私には、ベテラン猫が自分より大きな体のベビー犬をマッサージしているようにも見えました。猫がちょこまかと犬の胴体をあしぶみしているうちに、犬はうとうと。ベビー犬とはいえ、もうしっかり羊飼いのお手伝いをしているんです。ベテラン猫は、仔羊にあたえる哺乳びんからミルクを飲むのが今も好きらしく、「いいじゃないの、幸せなんだから」と言わんばかりのカメラ目線でした。

     

    いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    ほ乳類なのだ

    0

      「徹子の部屋」で、女優の水野美紀さんが、出産時に産道を広げるために昆布を入れたというお話がありました。司会の黒柳徹子さんが「あなたどこで産んだの?」と連発するのがおかしく、また、真顔で「都内です」と何度も答えられた水野さんもおかしく、とても印象に残りました。

       

      果たして、この方法は従来からあるものなのかどうか、牛の産業医さんに伺ってみました。

      「昆布に含まれるアルギン酸ソーダを、牛のお産のときにも使うよ。昔からある方法。同じほ乳類だからね。」

      と、教えていただきました。

       

      昆布をもどすときの温度で、ぬめり感やゲル状態も違いますが、いろいろ商品化される理由も納得できます。

      いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      ダンゴムシ

      0

        脚本家の三谷幸喜さんが息子さんと一緒にダンゴムシを飼育しているらしく、けっこう大きくなることを知りました。虫箱にコンクリートの破片と枯葉を入れて飼っているとのこと。

         

        玄関先の枯葉掃除をし、排水溝にたまった落ち葉をすくい上げようとすれば、「おっと、ごめんなさいよ。」

        三谷氏の飼育箱と似たような状態が見つかりました。ちょっと忙しげに動くよく見る大きさのダンゴムシとじーとしているやや大きめダンゴムシ。枯葉は食用として、石ころとかコンクリートの破片は、運動とか隠れ家として利用しているのでしょうか。

         

        風がないのに超スローで移動するイチョウの葉は、近づけばガの羽で、アリたちが旗を広げて行進中のように見えますが、これも大事な食糧なんでしょう。冬にむけて掃除やら、食糧集めやら、ヒトとあまり変わらないムシたちとの朝でした。

        いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        小路を急ぐ

        0

          最高気温が20℃に届かず最低気温も10℃に届かない日が、これから次第に増えていくのでしょうね。晴れ間がのぞけば、あれこれ後回しにしていたことに追われ、あっという間に日暮れがやってきます。

           

          昨日は、昔、松尾芭蕉が訪れた「医王寺」へ続く小路を、買い物帰りに自転車で通りました。今は、両側に住宅が連なり、自動車一台通るのがやっとの道幅ですが、時間帯によっては割と人が行き来するものだなあと思いました。通りかがりの人たちが、なんとなく早足だったのは気のせいかなあと、一日たった今も思い返してみては思うのですが、実際は分かりません。

           

          大通りを中心に両側を歩行している人たちの中には、両手を勢いよく振りながらウォーキング、両手に買い物袋をさげて帰る途中、と、さきほど小路を通行していた人たちと変わりないのですが、広がる視界のせいもあるのか、どこかのんびりしているように感じました。

           

          生きものの本能なのか、心理的作用によるものなのか、野生の動物たちも、わざわざそんな狭い所を通らなくてもいいのにという所に限って加速度をあげているときもあるような・・・暗いところを通過するときもそうかな。

          いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          顔のコリ

          0

            ミンミンゼミのソロ、あと何回聞けるでしょうか。

            目覚ましだった鳴き声が、最近は晴れた日のお昼にほんの数秒だけ「み〜んみん・みん・みん・み〜ん」

            えっ、もう終わり?と、思わず数え直してしまうことも。鼻をつままずに鳴きまねするようになったのは、いつの頃からだったかしら?なんて思ったりすることも。

             

            災害と猛暑に見まわれたこの夏、私の場合は、なぜか顔にコリが生じています。コリというのが正しいかどうかは分かりませんが、髪のはえぎわや、目や耳の周り、顔全体を軽く指圧したりマッサージすると気持ちがいいので続けています。ツボとか意識しなくても、軽く押して気持ちいい部分を息を吐きながら押しては離しを何回か繰り返すだけです。すっきりしますよ。

            いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            ぶぐる

            0

              低音で「ぶぐる」とつぶやいてみてください。

              あまり悪意のない、それでいてちょっと怖い感じがします。実際に「ぶぐる」を使っている場に居合わせると、つぶやいているのか威嚇しているのか分からないときもありますが、送られる視線がまっすぐというか、早急にどうにかしなくてはという気持ちが伝わってきます。ハエや蚊を追い払うのも、野良猫や野良犬を遠ざける場合も「ぶぐる」です。

               

              場所によっては『猿ぶぐり』なる仕事もあって、農作物を守るために猿を追い払う役目を担っている方もいらっしゃいます。狩猟団とは違うようです。単体であれ群れであれ、危険を伴う作業なので3人体制ぐらいがちょうどいいらしいのですが、やむをえず一人でという方もいらっしゃいます。

               

              収穫前に横取りされたり全滅したらショックです。昨日は、自家用の田んぼのひとつをイノシシに荒らされてしまったお客様ががっくりしておられました。農家さんでなくても落ち込みます。殺処分以前の「ぶぐる」ノウハウは、いくつあってもいいと思います。人間で言えば、「逃げ道」みたいなものを作れるといいのですが。

              いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              ニュースにならないこと

              0

                トップニュースが台風情報である日々が続きました。

                 

                緊張や不安をときほぐせるかどうかは別として、ここ一週間のここだけのニュースをお伝えしましょう。

                 

                20180905_2802169.jpg

                夜になりハタハタと音がしたかと思えば、ピタッ、もじもじ。体調約7cmのカマキリくん、消臭容器の上、卓上スタンドのアーム、扇風機ガードと場所を変えては現れます。ノコギリ足の粘着力、はだしの進化かなあ。

                 

                20180905_2802167.jpg

                中央の岩肌から右へ視線をずらすと、細い白い線に近い物体が見えます。サギです。羽を広げれば、畳一畳くらいにはなります。室内に羽音はほとんど聞こえませんが、何か横切ったかな?という気配を感じるときがあります。台風の接近を感じていたのか、エサをさがしていたのか、30分の間に3羽は行き来しました。

                 

                20180905_2802165.jpg20180905_2802163.jpg

                大雨暴風対策は、一般の家庭でもされていました。秋バラをたくさんいただきました。台風が温帯低気圧に変わってひと安心。お花のある空間っていいなあと思います。

                いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                ときどき、ぼーっと

                0

                  お盆前の猛暑なか休みで、夏の涼を感じてしまうと、再びの猛暑に、やれタオル交換だやれ氷だと行ったり来たり。

                  しかし、ときおり吹く風はひんやりして、くしゃみ連発なんてこともあります。

                   

                  食事以外の休憩には、目を閉じてぼーっとします。少し落ち着いたら、水分補給のほかに、氷をカラコロ、ガリガリしたり、くだものとかおせんべいやおかきを食べます。「うま〜い」を何回も言ってるうちに充電完了ってところでしょうか。午前中は、温かい飲み物に変えてみたり、味付けも少しずつ塩味からみそ味を欲するようになったり、日照時間が短くなると、夏虫鳴けど静かだなあと感じます。

                   

                   

                  いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                  おはようび

                  0

                    健康寿命を維持、伸ばすための方法、見ない聞かない日はないですね。

                     

                    一番長続きしそうなものから、やってみるのがいいような気がします。この時気をつけておきたいのが、張り切りすぎないこととすぐにあきらめないこと。うまくいかないときはあるものです。

                     

                    私は、「朝活」が一番合っているような気がしています。予定があろうがなかろうが、「おはよう」から始まる一日は気持ちのいいものです。

                     

                    異常気象とはいえ、日々の活動はそれほど変わっていないはず。注意すべきことはあっても、神経質にならない工夫も必要です。

                     

                    推定500歳といわれるサメは、生き急がないと言われています。生きジョーズは、映画以上の貫禄です。また、クラゲの中には、成長の過程で赤ちゃんのように小さくなって、またそこから再生するものもいるとか。水族館などで人工的にクラゲを飼う場合は、水の流れを調節することがポイントになるそうです。海は広いな深いなあ。

                     

                    いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    ふわっと きらっと

                    0

                      一昨日の朝、前日に熱いものを冷やした水を植物に与えようと台所用の洗いバケツを持ち上げたところ、きらりと光るものが・・・

                      ん?と水面を見れば、虫?ゴミ?ーーバケツに軽く振動を与えれば、また、きらり。ホタルでした。

                      「おはようございます」と言うべきか、「お休み中すみませんでした」と言うべきかなんて、所詮ヒトの勝手な解釈なので、バケツをそーと持ち上げ玄関先に水をちょろちょろ流しました。

                       

                      屋内に迷い込み、どのくらい過ごしたのだろうかと、以降いろいろ想像してみましたが、ちょっと興味深い現象が起きているかもしれません。しばらく様子見です。たまたまなのか因果関係があるのか、またのお話といたしましょう。

                      いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      RECENT COMMENTS
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      MOBILE
                      qrcode
                      PROFILE