素どおり

       渓流の自然に囲まれた安らぎの宿
           元湯 富士屋旅館
        福島市飯坂町湯野字新湯11番地
      TEL(024)542-3191 FAX(024)542-3649
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

習いごと

0

    習いごとに年齢制限がないこと、お話を伺うたびに、そのはじまりと継続の秘訣は、どうやら人との関わりにあると気づかされます。

     

    たとえば、スポーツジム。一番長続きしているのは、「ばあば」と呼ばれる人たちらしいです。

    全身運動にいい水泳、考えてみたら学校にプールがなかった世代の人たちが、自分より若い先生に教えてもらうことからはじまり、泳ぎだけでなく少しずつ体の調子もよくなって、さらにマシンで筋肉を鍛えたりほぐしていくうちに、先生だけでなく顔なじみの人と『では、また明日。』の挨拶をかわすようになる。健康であることのなによりの証しです。

     

    あまり巧くはないけれど、あこがれの楽器バイオリンを仲間と演奏すること。

    発表会、出るか出ないか直前まで迷っていたとき『できないところは弾いてるふりでもいいのよ。そのために、私が同じパートなんだから。』と、年下の仲間から声かけがあって、ますますバイオリンの練習が楽しくなった「ばあば」もいます。

     

    Eテレ【猫のしっぽ カエルの手】でおなじみのベニシアさんが、沖縄の長寿食と伝統織物を訪ねた回がありました。90代の「ばあば」がベニシアさんに『いつの間に赤い洋服に着替えたの?』と訊いたときには、撮影の場に笑いがこぼれました。同じ時間を共有する愉しみを時短でコメントしてくださいました。

     

    そのまんまが一番の「ばあば」に、拍手!

     

    | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    お守り

    0

      お寺や神社に参拝に行かずとも、お守りのようなものを身の周りに置いたり、身につけている人はどれくらいいるでしょうか。

       

      私が出会った人の中には、ユニークなものをお守りにしている人達が多く、ご利益あるなしよりも信じる気持ちとか安心感を優先していて、いいものだなあとたまに思い出すことがあります。

       

      昭和50年代のTV番組「明日がござる」の再放送では、園児が迷子になったときに家がわかるようにと住所をお守り袋に入れているお話がありました。両親がパリに串焼きの支店を出す準備でしばらく日本にいなかったとき、園児がとった行動とは・・・

      留守を守る家族の誰に相談するでもなく、パリの住所と日本の住所を取り換えてお守り袋にしまいました。ドラマだなあと知りつつも、現実をちゃんとうけとめるって、こういうことよねと思いました。

       

      これを機に、ある思い出までよみがえってきました。20代、職場で残業が続いていた頃、母親にお願いされていたことを何度も忘れていた同僚が、ある日手首に赤いリボンを結んで出勤しました。

      「どうしたの、そのリボン?」

      聞けば、お願いごとを今日こそ忘れないためにと、出かけるときに母親が結んだとのことでした。家庭内のルールとか約束事を守る工夫があった時代だったのでしょうね。

       

      一斉通報とか、知らされないと動けないようではいけません。どうすれば伝わるかより、伝える練習を重ねながら工夫していくしかないような気もします。

      - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      アケビ

      0

        山菜料理というと、定番はおひたし、てんぷら、炒めもの、煮物などになりますが、今回はちょっと冒険してみました。

        私にとっては、人生二度目のアケビ料理です。

         

        DSC_0060.JPG

         

        皮のきれいなすみれ色は、時間の経過で褐色になります。熟して実割れするくらいが食べ頃らしいですが、手にとってみると、なんとも南国的で生物的構造をしています。

         

        割れ目を開くと、中にはふわふわしたクッションのなかに眠るやわらか白バナナのようなものが入っています。このバナナ形状の中身を取り出し、ザルで裏ごしするようにつぶすと、黒いスイカの種のようなものがたくさん出てきます。

         

        まず、種をのぞいたときに漉されたとろりとした液体をなめてみる。天然の甘さにちょっとびっくりします。牛乳で割ると「アケビミルク」の完成です。

         

        次に、ザルに残った種と、とろり液体をビニール袋に入れ、塩を適量加えてもみます。これが、そのまま漬物の漬け床になります。一口サイズに切ったきゅうりや大根、カブなどを入れ、軽くもんで冷蔵庫で半日以上置きます。大根のべったら漬けみたいになります。種はにがいので食べるときには除いてください。漬け床は冷凍保存もできるようですが、産地限定のお話ですね。

         

        最後に、皮とふわふわの部分ですが、皮だけきんぴらにしたり、皮つき皮なしでいろいろ調理方法があるようです。独特のにがみがあるので、塩水にさらしたり、塩や酢をいれた熱湯でゆでこぼしてから調理するといいかもしれません。

         

         

         

         

        | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        カップ イン ピョン

        0

          稲刈りのシーズンです。みなさんは、稲刈りをしたことはありますか?

          私は、田植えも稲刈りもしたことがありません。機械化が進んでいる農家さんもあれば、手作業のところもけっこうあるようで、家族や親戚、ご近所も協力しての収穫。毎年恒例のことなのでしょうが、お話を伺うと、あちこちでなんだか、すごいことになっています。

           

          インドア派の高校生が、稲刈りに誘われたり、短期交換留学で母方の実家に来ているニュージーランドハーフの小学生が、稲刈りを手伝うはずが、カエルに夢中になったり、あまりあてにしていなかった女の子が、小気味よく一輪車で稲を何度も運んでくれたり、重労働の合い間にPOPチラシ作りをする息子さんがいたり、といった具合です。

           

          お祭りは、その年の収穫と健康を祝うことがベースにあるんだなあと思います。

           

          ところで、カエルに夢中になった男の子ですが、本人は田んぼのカエルを全部とろうとしたらしく、休憩時につかうはずだった紙コップに、つかまえたカエルをいれてしまったらしいんです。みんな大爆笑だったそうですよ。

           

          私は、素手ではちょっとさわれないなあ。

           

          DSC_0059.JPG

          というわけで、ぴょんぴょんガエルを初めておってみました。ちゃんとおれているのかどうかわかりませんが、一応とびます。

          いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          はじめてのこと

          0

            台風が去ったあとの青空。地上に残した爪あととは比較にならないくらいの無言のブルーノート。

            被害状況より、人々の動きをただじっと見ているのかしら。

             

            こちら福島は、場所にもよりますが、比較的被害が少なかったほうだと思います。

            一日を通して雨量の多かった17日、はじめて温泉に来たお客様は、みなさんとても印象的でした。熱めの温泉に対しての反応は、子供も大人も同じ「あっちー」であったり、徐々に慣れてくるあたたかさへの言及や、古い建物を見渡す視線は、どこか似ていました。

             

            雨の日に釣りに出かけたお客様もいらして、はじめて釣りに挑戦した中学生が大物を捕らえたお話なども伺えました。

            「また、連れて行ってね」と言われ、複雑な心境になってしまったお客様。ご自身の釣りの愉しみは半減してしまったようですが、釣り仲間の輪はひろがりましたね。

            | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            4才児の背中

            0

              およそ1年ぶりでしょうか、おじいちゃんと一緒にお風呂に来た男の子、4才になりました。

              「おふろおふろ!」とせがまれたそうで、誘う立場が逆になったなあと可笑しくなりました。

               

              コッシーのTシャツを着ていて、まだファンなんだと思いながら、初めてコッシーのリュックを背負って来た日のことを思い出しました。(「コッシー」とは、Eテレ『みいつけた!』のイスのキャラクターです。)たぶん、あの日は他にもいろいろ買ってもらって上機嫌で、その中で一番のお気に入りを身につけてきたのだと思います。

               

              幼児にとって、玄関から大風呂までの行き来は、けっこうな距離なのですが、1年違うだけで歩くスピードも格段にあがります。駐車場へ向かう後ろ姿も背筋がピンと伸びてカッコよく見えました。次回は、コッシーが飛び出すかもしれないなあ。

              | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              顔がある

              0

                ここ2回ばかり「機関車トーマス」を観て、岡本太郎氏の作品の顔に似ているなあと思いました。

                小さい頃は、作品そのものより「グラスの底に顔があってもいいじゃないか」のコピーと、岡本太郎氏ご本人登場のTVCMで強烈な印象を受けました。

                 

                全部の機関車の名前と顔は、まだ覚えていなくて、トーマスしか名前と顔が一致しないのですが、前回ケイトリーというマザーテレサのような顔を発見し、「みーけっ!」とばかりに拍手。それぞれの作家さんが意識してのお顔なのかどうかなど関係なく、結果としてどこか似ているんでしょう。

                 

                同じ国、同じ世代など集団として見る顔は、同じように見えますが、それぞれのお名前とお顔を合わせて覚えると、やっぱりそれぞれが違うんですね。赤ちゃんは、言葉の習得と並行して身近な顔を見分ける才能があります。覚える速度や量はかなわなくても、大人もマネしたいところです。

                商品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                光と音の研究

                0

                  緊急異常時に限らず、光と音をうまく利用することで解決できることってけっこうあると思うのです。

                   

                  自動化ばかりが優先されてもいけなくて、少なくとも冷静に行動できる範囲内での調節機能を人も商品も持ち合わせていなければ、と思います。さまざまな状況を想定しての訓練は必要ですが、現実化したときにどうするかは、まずは個人の判断、その判断を行動にむけるための適度な光と音。自然界に存在するもので間に合うもの、間に合わないもの。これらを判断するにはある程度の経験も必要です。

                   

                  生活に必要なモノは出尽くした感がありますが、機能の開発余地はまだまだあります。メーカーに生活課があるとするなら、光と音の可能性をもう一度見直してほしいと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                  商品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                  体感

                  0

                    小学生で野菜ソムリエになった男児は、インタビューで「野菜やくだものの畑に連れていってもらって、お手伝いや試食をするのが楽しかった」という実体験から資格取得の勉強を始めました。とてもシンプルでいいなあと思いました。

                     

                    タレントの山田邦子さんは、新潟でスイカ作りを始めたらしいですよ。本来なら捨ててしまう小さな実も愛おしくて捨てられず、漬物にしておいしく召し上がったとのこと。こういう発想は、6次化産業や栽培農家の食卓にあがることを想像するだけでもいいですね。

                     

                    林業に携わる仕事がら、生傷は避けられず、気をつけてはいてもあちこちに切り傷。応急処置はしたものの、さて病院へ行くか温泉へ行くか。傷の状態にもよるのでしょうが、湯治を選ぶことが多いお客様の帰り際のコメント「肉が盛り上がってきた」と。

                     

                    海も山も好きなお客様は、山を泳ぐようにして山菜やきのこをとり、海ではのんびり釣りをするのがライフワーク。

                    日照不足で米は大丈夫かお尋ねすれば「もともと赤字だから、いいの」だそうです。つやつやお肌の秘訣を見たり。

                    | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    温泉ポンプ交換

                    0

                      今年の天候は、本当に予想が難しく、何をするにもレーダーをまず確認して始める習慣がついてしまいました。外でのお仕事が中心のみなさんは、気持ちや体のオンオフ切り換えをいつも以上に工夫なさっているのではないでしょうか。

                       

                      さて、当館を含む4件で共有している「富士屋源泉」の心臓部、温泉をくみあげるための揚湯ポンプが水位上昇のため13日の朝7時頃止まってしまいました。12日夕方から盆休み中の市、町の温泉課の職員のみなさん、地元の業者さんと連絡を取りはじめましたが、水位の上昇が予想以上に早く、夜の作業は応急処置に留め13日早朝からのポンプ交換となりました。

                       

                      まず、余剰分の湯水を水中ポンプで取り除かねばなりません。この作業が予想以上にかかり、ポンプ交換後、営業を開始できたのは当館で午後3時半でした。それまでにお越しいただきご利用いただけなかったお客様には、この場をおかりしてお詫び申し上げます。

                       

                      今年10月に、ポンプ交換を予定していましたが、計画前倒しがお盆中の日曜日となり、急きょ召集されたみなさんは、いつも以上の緊張感と集中力で作業をしてくださいました。本当にありがとうございました。

                       

                      本日は、通常営業です。みなさまのお越しをお待ちしております。

                      いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      SELECTED ENTRIES
                      RECENT COMMENTS
                      CATEGORIES
                      MOBILE
                      qrcode
                      PROFILE