素どおり

       渓流の自然に囲まれた安らぎの宿
           元湯 富士屋旅館
        福島市飯坂町湯野字新湯11番地
      TEL(024)542-3191 FAX(024)542-3649
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

牛乳豆腐

0

    今日の福島は、春雪が降ったり止んだりでした。春の山菜採りを楽しみにしている人にとっては、風も寒さも気にならないようで、宝さがしに没頭するさまは、収穫したものを届けてくださるときの表情でなんとなくわかります。

     

    さて、みなさんは「牛乳豆腐」からどんな食品を思い浮かべますか?

    杏仁豆腐かなあ?

     

    実はこれ、日本の酪農家さんの間では古くから使われているようなのですが、モッツァレラチーズのことなのです。

    私がイタリア人なら、「日本では『牛乳豆腐』と呼ぶのですかあ」なんていいながら、製造工程を見学させてもらいながら、豆腐と味くらべをしていたかもしれません。

     

    牛乳豆腐のお話をしてくださったお客様は、モッツァレラの品名はご存じではありませんでしたが、和風に甘じょっぱく味付けして召し上がったことなどを教えてくださいました。日本でもナチュラルチーズを作れないことはないらしいですが、法律上の規制や風土の関係で食品化が難しいそうです。

     

    牛も大型化して、産業医のみなさんも踏み台にあがらないと診察も容易でないそうです。採算を考えての開発も、規模を吟味する必要がありそうです。牛と人との役割を踏まえながら。

    | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    まだまだあるぞ

    0

      昨日、手作りのお赤飯とたくわん漬けをいただきました。

      震災以降、体力的なこともあって大量に仕込む漬物は断念したAさん。ひとつ10kgはある漬物石をご主人と息子さんが近くの川原に捨てに行ったお話から、今回のたくわん漬けのお話まで一挙に伺いました。一般家庭の台所で行われている作業とは信じがたいのですが、自家製がお好きな方や習慣化している方にとっては、年間行事のひとつになっているのでしょうね。

       

      昔からそうなのか、地域によって違うのかはわかりませんが、漬物用の大根とは、まるごと天日干ししたものだそうです。

      以前いただいたものは、捨てた漬物石を載せて漬けられたもの。冷凍保存できることも教えていただきました。

      今回は、たくわんを一緒につけた大根葉でくるんでいただきました。大根葉は、一番上にふたをするように敷きつめて一緒に漬けるのだそうです。乳酸の甘酸っぱさがさわやかで、後味もすっきりしていました。

       

      時間切れで作り方まではお聞きできませんでした。お赤飯の差し水加減、保存用の素材の選びかた、時期はずれ予想外の素材を引き受けては無駄なくしあげていく様は、まさに「暮しの手帖」です。

      | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      シンプル プラス

      0

        静かにマーチングバンドに合わせて、張り切っていこうと目覚めはしたものの、朝の冷え込みは厳しかったですね。思いと実際の行動がうまく合うまでには、まだ時間がかかりそうです。

         

        先月は、久しぶりにお見えになったお客様が多く、いろいろとお話を伺うことができました。

        ふと思い出してお越しになった方から、さまざまな理由でなかなか来れなかった方まで、リピーターとして長くご利用いただけることはうれしいものです。

         

        毎日の習慣、続けることは大事ですが、できれば飽きないように楽しく続けたいものです。いつものことに、ほんの少し変化を加えることで得られる喜びのようなものがあると思います。ほぼ毎日のように食べるご飯やパンは、おかずや汁もの、トッピングするものやつけ合わせの変化で飽きがこないようになっていると思います。入浴も、たまに銭湯や温泉に出かければ、違う風景を観ることになりますし、ちょっと体力残しておこうかなあという気持ちにもなりますね。腹時計にも生活時間にも多少ゆとりがあったほうがいいようです。

        いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        祝!婚カツ

        0

          風はまだまだ冷たいですが、青空に誘われて出かけるひとも多くなってきました。遠くの山々はまだまだ白く、空気もキーンとする時間がありますが、道に残る雪はさがさないとないくらいまでになってやれやれです。

           

          さて、今日久しぶりに休憩にいらした老夫婦、これまでに伺ったことのない事実が次々に明かされ、ただただ驚くばかりでした。

          お二人揃って卆寿(今年満90歳)、結婚式は当館で執り行われたことなどを初めて知りました。ご予約のお電話では、週数回お見えのM氏のおすすめということでしたので、初めてのお客様で、年齢も実年齢より25歳ぐらいお若く想像しておりました。

           

          ところが、お部屋にご案内とお昼の出前注文を承ったスタッフの報告によれば、部屋への下り階段が大変そうであったこと、何度もお越しいただいていること、カツ丼を注文したということで、見当はずれもいいところ。実際にお昼をお届けにあがってようやく、いつもカツ丼をお召し上がりになるお客様と重なりました。

           

          「今度写真持ってくるよ」と、おっしゃって、自家用車に乗るや否やアクセル踏みこむ速さといったら・・・奥様のシートベルト着用を確認する余裕をお持ちいただければ、揃って100歳も夢ではありませんね。

          | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          あと何回?

          0

            約1ヶ月ぶりのブログ更新です。みなさまお元気でお過ごしでしたでしょうか。

             

            先月の12日以降、除雪作業に明け暮れておりました。雪かき、雪おろしと続き、体力精神力維持のため、動物的生活つまり食べて寝て動くのくり返し、その間活字が追えなくなってしまいました。新聞が山積みで、そろそろ片づけなければと思っています。まあ、主要なニュースはTVや他のスタッフが口頭で教えてくれますので困りはしませんが、お天気レーダーの雲の流れに冷や冷やの日々から解放されたい気持ちはありますね。

             

            除雪作業をしていますと、ふだん風景として眺めているところを違う感覚でみることもできます。

            止まぬ雪にはさすがに参りますが、塵にとっては長旅、終着駅の広大なこと。身軽になったら、次の旅へ。

             

            | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            あっぱれ酉

            0

              初笑いは、酉で盛りあがりました。

               

              1月1日のNHK「ダーウィンが来た!」で紹介された大阪のとある動物園の人気もの「マサヒロ」。

              3回の危機を乗り切ったことで、その運気にあやかりたい人達がたくさんやってくるそうです。酉年ということもあって、ますます注目されているのだとは思いますが、私も「マサヒロ」にはクスクス笑うしかなく、お話ししたお客様は、それぞれ肩を震わせたり眼尻にじんわり涙を浮かべたり、KFCフライドチキンで誕生日を祝う予定のお客様は複雑な表情になったりしました。

               

              動物園内のエサとして納品されたヒヨコ群のなかに、「マサヒロ」はいました。マガモにエサの食べ方を教えるために、先生役が必要となり一羽が選ばれました。ひょっとしたら無作為につまみ出されただけかもしれませんが、ちゃんとマガモがマネできたので、この段階で特別に名づけられ、他の動物のエサにはならなかったのでしょう。

               

              その後、トリ小屋がイタチに襲われ、イタチを捕えるためのワナのおとりとして「マサヒロ」が選ばれます。が、しかし、以降イタチは現れず命拾い。

               

              ヒヨコからニワトリになった「マサヒロ」、最後はライオンのエサとしてのお役目が待っていました。が、しかし、たまたまライオンが満腹だったため餌食とならず、酉としてのヒストリー更新中とのことでした。

               

              たまたまの運として片づけるには、もったいない気もしますが、リーダー「マサヒロ」となってから格があがって、なんとな〜く他のいきものたちにも一目置かれる存在になったのかもしれませんよね。

              いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              リズム

              0

                今日は、地元旅館7軒から9名が救命講座に参加しました。

                ほぼ半数のみなさんが、過去にも救命講座を受講していて、私は初めてであることに申し訳なさを感じてしまいました。

                 

                初めて扱うAED、あら、電気あんかより小さくてコンパクト、なんて思いながらのスタートです。

                 

                体験のある人から、人形の胸骨圧迫法を代わる代わる行いました。私は、プリンセス・プリンセスの「Diamonds(ダイアモンド)」のドラムリズムで試しました。以前NHK「ガッテン!」で紹介されていましたので。

                 

                「上手ですね」とは言われたものの、ひとりで8分はきついなあと思ったのも本音です。気がつけば、参加者全員の顔と手が真っ赤になっていました。

                「いざという時に慌てないように、何度でも受講して下さい」の言葉どおり、緊急時の時間の感覚をまずは体験できてよかったです。

                いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                0

                  あちこちで、クリスマスのイルミネーションが点灯するようになりました。

                  日暮れが早くなっても、小さな楽しみがあれば我慢できることもありそうです。

                   

                  さて、季節限定ではなく、ほぼ点灯しているものがこちら、

                   

                  161204_1303~0001-0001.jpg

                  上が誘導灯、下が非常灯です。

                  LEDになると、こんなにコンパクトになるんですね。

                  1階の誘導灯の本体が故障となり交換取り付けとなりましたが、表示板違いで下の非常灯が10日ばかり点灯し先週末正しい誘導灯に交換されました。当館では唯一のLED誘導灯です。

                   

                  比較のため、一番大きな非常灯がまだ玄関先にありますのでご覧ください。

                   

                  151106_1653~0001.JPG

                   

                  写真は、昨年モデルとなったおにいちゃんのリクエストで撮影したものです。

                   

                  灯にもいろいろありますが、困ったときは「あかり」のあるほうへすすめ!

                   

                  商品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                  Second place, second joy.

                  0

                    今週は久々に大きな地震があって、まだどこか落ち着きませんが、坦々と過ごすことで今日から明日を迎える用意ができているような気がします。

                     

                    昨日は、玄関先にクリスマス・ツリーを飾りました。

                    161125_1912~0001.jpg

                    このクリスマス・ツリーは、スタッフのひとりが貸してくれたものです。自分の家を建てたら、絶対にクリスマス・ツリーを飾るのが彼女の夢で、ずいぶん活躍したようですが、ここ数年家族の反応がいまひとつということで、今年から当館に飾ることになりました。

                     

                    時の経過とともに、人の気持ちも変わっていきますが、最初にこのクリスマス・ツリーを飾ったときの彼女の想いは、場所が変わっても、やわらかに伝わっていくように思えます。

                     

                    私としては、ひと足先にシークレット・サンタが来てくれたようで、うれしかったです。

                     

                     

                    | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    3年ぶりの芋がら汁

                    0

                      見た目とても地味な芋がら。里芋の大きな葉を支える茎を干したものです。作り手も減ってきているのか、気がつけばずいぶん食べていませんでした。

                       

                      久しぶりに分けていただいた芋がらでみそ汁をつくりました。浮かんでいる芋がらは、干ぴょうのような麩のような、でも食べるとしっかりとした繊維質も感じられるものです。ふわっとしながら噛みごたえもあって、体もほかほかになりました。土と太陽のエネルギーをいただいた気分でもあります。

                       

                      小学校の家庭科の時間に、好きなみそ汁の具をあげてみてと言われて、次々においしそうな具の組み合わせがあがる中、

                      「はい、いもがら」と答えた生徒がいました。渋すぎると思いながら、自分以外にも食べている人がいた喜びで、今でもよく思い出します。

                       

                      野菜・くだものは、品種改良で人気のあるものが多く店頭に並ぶようになっていますが、昔ながらのものも味わい深いのでぜひ作り続けてほしいです。

                       

                       

                      | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      RECENT COMMENTS
                      CATEGORIES
                      MOBILE
                      qrcode
                      PROFILE